スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


スポンサー広告 | コメント(-) トラックバック(-) | 記事編集

讃岐うどん 【完了報告】 

2006/06/05 (月)
★★★  おっさん3人の讃岐うどんツアー  ★★★

 キャスト

  いち      快適&安全なドライビングテク。ご苦労様でした。

  むら-さ   完璧なお店ガイド。ご苦労様でした。

  み       ブログ担当。ワシです。



   太股ムキ出しのヤンキー風のお姉ちゃん 

   山内うどんで甘夏の説明してくれたおばちゃん

   小縣屋のまんのうガールズ 

   宮武うどんのピアスあけたて高校1年生 

   善通寺の陽気なおばちゃん

   大阪「わ」ナンバーの5人組の後部座席真ん中 

   4人で一杯のお姉ちゃんたち


 友情出演

   加茂町のウグイス

   山内うどん駐車場に現れた野犬

   まんのう町のたけのこ

   ジャンボフェリー内のマッサージチェアー


 SPECIAL THANKS

   アストロ君  CHEVROLET社 ASTRO コンバージョン号
           ・故障箇所:エアコン、雨漏り等

   アゼスト君  クラリオン社 ADDZEST
           ・特徴:関西弁、津軽弁のナビあり!(関西弁はちょっとウザイ)
               



★★★  おっさん3人の讃岐うどんツアー  完  ★★★
スポンサーサイト
 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


讃岐うどんツアー | COM(0) | TB(0) | 記事編集

讃岐うどん 帰り道 

2006/06/05 (月)
善通寺を後にして、大阪への帰路につきます。

5月21日(日)18時ごろ高松到着、喫茶店でしばし休憩。

高松港でおっさん3人スイーツで乾杯?したあと、
20時00分 高松発→帰りは和室でちょっとゆっくり→
23時40分 神戸着 
再び全身マッサージチェアーで全身モミモミ・・・

帰りの阪神高速は、おっさん3人まだまだ疲れもみせず、
次はどこへ行こうか?なんて盛り上がっています。
大塚愛ちゃんも『もう1回♪♪ 笑顔咲ク 君と~』なんて唄っています。

阪神高速を降りて、あわや「蒲生四丁目」へと向かいかけながらも、
枚方、茨木と経由し豊中でおろしてもらう。26時ちょっと前に帰宅。
おっさん3人、約28時間なんの過ちも犯すことなく無事帰阪いたしました。

あと1回だけ書いて、讃岐うどんの巻、完にしたいと思っております。
 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


讃岐うどんツアー | COM(0) | TB(0) | 記事編集

讃岐うどん七杯目 長田in香の香 

2006/06/04 (日)
いよいよオーラスの七軒目、長田in香の香。 

ここはおっさん3人全員が必ず行きたいと言っていた店なんで
あえて最後の店としてとっておいたところ。
善通寺参りが奏功し、腹具合は万全の状態。

楽しみにしていた「おはぎ」が売り切れていたのはかなり残念だったが、
定番の釜揚げ(小)¥250を注文して席で待ちます。
決して湯呑み茶碗とつけダシ用の器を間違ってはいけません。

いよいよあつあつの釜揚げが運ばれてきました。
大きなとっくりからあつあつのおダシを、たぽたぽっとかけます。
とっくりが熱いし、しかも大きいのでちょこっとコツがいるけれど、
すでに山下うどんで体験済み。3人とも完璧に、たぽたぽっとかけます。

いよいよ最後の一杯です。ずるずるっとすすります。
向こうのテーブルでは先客の5人組のお姉さんたちもずるずるっとすすっています。

めんあつ、ダシあつ、めんウマ、ダシウマです。
残ったおダシまで全部きれいに平らげてしまいました。
ちょっと太目のめんもかなり旨かったけれど、ここはおダシのほうが印象に残りました。

満足感いっぱいで車に戻ると、駐車場に大阪「わ」ナンバーの車。
さっきの5人組のお姉さんたちです。大阪からレンタカー?5人で?
まあどうでもいいけど、後ろの真ん中の一番狭いところに座った
●が一番●きいお姉さん、無事大阪まで帰れたでしょうか。。。

それと、あとから来たお姉ちゃんたち、4人で一杯の注文はちょっとアカンやろ。
「一杯のかけそば」でも3人で一杯やで。
3人やったら香の香さんもこっそり1.5杯分出してくれたかもしれへんけどな。
 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


讃岐うどんツアー | COM(0) | TB(0) | 記事編集

橋を渡るべきか?船で渡るべきか? 

2006/06/03 (土)
交通費はいかほどでした?というコメントをいただきました。
「おやじ」さん、当ブログへの初コメントをありがとうございました。 m(_ _)m

このツアーの計画当初は、土曜の午前中に明石大橋か瀬戸大橋を渡って
四国へ入るつもりでしたが、調べていくうちに、フェリーが結構安くて、
しかも往復のチケットを買えば、グ~ンと割安になることがわかりました

金曜の仕事を終えて帰宅後すぐ出発、夜中のフェリーで
というちょっとキビシイところはありますが、このコースにすれば
「がもううどん」に朝一番で行ける(早く着き過ぎるけど)ので、
体力勝負はまかせとけって方には結構おすすめかもしれません。

また夜中のフェリーなんで、もちろん寝てる人が多いわけで、
もしかしたら太股ムキ出しのヤンキー風のお姉ちゃんに遭遇できるかもしれません。
太股が気になって、無理な体勢で仮眠をとったりなんかした日にゃあ、
翌朝軽~い筋肉痛になるかもしれませんので、そこのところは注意してください

★今回の讃岐ツアーの交通費
 阪神高速(往) 1,100円  大阪市内→神戸(京橋)
 ジャンボフェリー(往復) 14,430円  神戸→高松 普通車1台+おっさん2人
 阪神高速(復) 960円  神戸(京橋)→守口
 ガソリン 4,200円  140円×30㍑
 交通費計 20,690円  1人あたり 約6,897円


 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


讃岐うどんツアー | COM(0) | TB(0) | 記事編集

「灸まん」の巻 

2006/06/02 (金)
善通寺市内のいたるところで目に入ってきた「灸まん」。
やたら気になる「灸まん???」と?を3つも書いたところ、
がもううどんさんから、「灸まんはまんじゅうです」とメールを頂戴しました。

実は善通寺の売店で発見し、お土産に買って帰っておりました。
たまごたっぷり風味のあんこが入った和菓子で、なかなか美味でございました。

まんじゅうはわかったのだけれど、なんで「灸まん」なん???「灸まん」って???

疑問はパッケージの裏を読んで解決しました。
なんとも艶っぽい話でしたので、ここで書いてしまおうか、とも思ったのですが、
「灸まん本舗石段や」さんのHPにその由来が書かれていますので、ぜひそちらを・・・

~男前には生まれたいものでござります~
~特別柔らかいのをすえてもらいたいものでござります~


「灸まん」の巻、これにて終わりでござります。
 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


讃岐うどんツアー | COM(0) | TB(0) | 記事編集

拝啓 がもううどん殿 

2006/06/01 (木)
先日のおいしいうどんのお礼とHPへリンクを貼ったことを伝えるため
がもううどん殿にメールを出したところ、なんと返信をいただきました。

このようなつたないブログに対しメッセージをいただき
誠にありがとうございます。 m(_ _)m


ぜひ次回讃岐ツアーの際にも立ち寄らせていただきます。(時期未定ですが)
お忙しい中、本当にありがとうございました。

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


讃岐うどんツアー | COM(0) | TB(0) | 記事編集

讃岐うどんツアー 善通寺参り 

2006/05/29 (月)
いよいよ七軒目、最後の店へと向かうわけだけど、
おっさん3人ここでまたまた腹ごなし。

善通寺市内を車でウロウロしてみたけれど、腹ごなしできそうなところが見当たらず。
結局、「善通寺」にお参りに行くことにする。

弘法大師空海によって建立された善通寺は、今年創建1200年を迎え、
様々な記念行事が行われている。
また、隣接する陸上自衛隊善通寺駐屯地では、
混成団から格上げされたことを記念しての創隊記念行事が行われている。

善通寺は、登り口から御本宮まで785段、奥社まで1,368段の石段があり、
かの俳人小林一茶が「春風や馬に引かれて善通寺 開帳に逢ふや雀も親子連」
と詠んだことでも有名。
また、お堂の前では推定体重95キロの陽気なおばちゃんが、
大股おっぴろげて真っ昼間から酒をかっくらっており、四季を通じて
観光客の注目を集めている。(この段落はすべてデタラメ)

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


讃岐うどんツアー | COM(0) | TB(0) | 記事編集

讃岐うどん六杯目 山下うどん 

2006/05/28 (日)
「もう一軒続けていける?」
おっさんたちは車内で確認しあって次へと向かうことにする。
「宮武」出るときのマイクロバス軍団の「次、山下行っとくか?」が気になる。
先に行かれると席が埋まってしまうかも?メンが売り切れるかも?

よし、急ごう!
そこへ駐車場でサッカーボールで遊んでたクソガキが飛び出してきた。
危ないっ。幸い車と接触することはなく、大事には至らなかったが、
普段は(たぶん)温厚なわがドライバーの顔色が、
一瞬ナニワの怖いおっちゃんの形相に変わったことを
後部シートにいたワシは見逃さなかった。
萬田はんや、ミナミの萬田銀次郎はんみたいや・・・そう思った。

ちょっと焦って道を間違えたりしながらも、元祖ぶっかけの「山下うどん」14時前に到着。
どうやらあのマイクロバスは来ていない。
よっしゃー、勝ったで~。なんて言いながら店の中へ・・・

もちろんぶっかけ(小)を注文。¥250
ダシは熱いのと冷たいのがあり、大きなとっくりがテーブルの上に運ばれました。
「ぬるぬる症候群」(注1)に悩まされ続けていたワシは、熱いほうをかけて「あつあつ」で。

(注1)「ぬるぬる症候群」:「あつひや」にすると「ぬるぬる」になることをひどく恐れる症状。
    讃岐地方限定で発症する。別名「讃岐シンドローム」

ズルズルとすすってみる。これまたウマイ。 
コシ、喉越しともに最高っす!ダシもウマイっす!

いよいよ次が最後の七軒目っす。


 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


讃岐うどんツアー | COM(0) | TB(0) | 記事編集

讃岐うどん五杯目 宮武うどん 

2006/05/28 (日)
五軒目。
善通寺から30分ほど車を走らせて店の近くまできた。
んっ、なんか見えた。行列らしい人影が見えた。

駐車場に車を停めて店の前に行ってみるとこのツアー初めての行列に遭遇。
やったー、行列やー。待ちに待った行列やー。
入り口の前に長いすが3列並んでおり、先客は20人ほど。
3列目の端っこに座ってしばらく行列を楽しむ。

待ってる間に、食べ終えた満腹満足客が次々と出てくる。
5人、10人と出てくるけど行列は一向に進まない。
もう席空いとるやんけ!(怒)
いつまで待たせるんじゃ!!(怒)
はよ中へ入れたらんかいっ!!!(怒)

なんて典型的大阪のおっさんみたいな悪態はつかず、
おとなし~くちょこんと待つおっさん3人。

ほどなく「3列目までのお客さ~ん、中へどうぞ」と声がかる。
なるほど、一気に中に入れるわけね。よう考えてはるワ。

テーブル席に腰をおろしていざ注文。
外で待ってる間に何にしようか必死に考えてた。
ホンマは「ひやあつ」にしたかった。
でも山内の「ひやあつ」は実は「ぬるぬる」で期待ハズレやった。
ここは「ひやあつ」のリベンジか?でもまた「ぬるぬる」やったら・・・
「ひやあつ」に未練を残しながら手堅く「ひやひや」に決定。¥230

絶品っ!!!!!(←タイトルに続き2回目の登場)
メンは太さや長さがまちまちで微妙にねじれてたりして
これぞ讃岐の手打ちって感じ。
カウンター席の奥からは、店のおじさんのメンを切る音が聞こえてきております。
あ~、えー感じやー。
ダシもコクがあるってのか、これまた絶品っ!!!!!(←3回目)
連れの「冷やしつけうどん軍団」も「うまー」を連発中。

さすが「宮武うどん」は評判どおりの激うま。
ぜひもう一回行ってみたい。今度はカウンター席で奥の様子を見ながら・・・
お店の女の子が中学生か高校生かも確認せんといかんし・・・
(ワシの予想では初めてピアスできて嬉しくてたまらない15歳の高校1年生)
 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


讃岐うどんツアー | COM(0) | TB(0) | 記事編集

おっさんボウルIN善通寺 

2006/05/27 (土)
朝から3時間足らずの間に4杯食べた。
さすがにお腹がいっぱいになってきたので、ちょっと腹ごなしを。

「おがたや」を出たところでおっさん3人で緊急会議。
ゲーセン?バッティングセンター?風呂?
何をすればお腹が減るんやろう?ってことで向かったところはボーリング。
善通寺市内のMAXプラザの2Fは土曜日の昼前なのに誰~もいない貸切状態。

まあここでの話しは、スコアシートも残ってないし、
途中誰かさんがわき腹つったとか、誰かさんはたかが2ゲームで汗かきまくり、
運動不足を露呈なんてことは全部忘れてさっと流してしまいましょう。

善通寺市内をウロウロする間に、パーラー善通寺と尽誠学園を3回通過。
電信柱の「灸まん」の広告がやたら気になる。 「灸まん」???

次は琴平のあの超有名店。さあこれからもっと食べるゾ!
ただいまお昼の1時前。雨もようやくあがりました。

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


讃岐うどんツアー | COM(0) | TB(0) | 記事編集







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。